スポーツを通じて地域の絆を創る総合型地域スポーツクラブ
特定非営利活動法人 ポルベニルカシハラスポーツクラブ

活動地
橿原市
概要
スポーツ指導、指導者派遣、スポーツ大会、イベント開催の事業を行い、地域のスポーツ文化の振興、子どもの健全育成、人々の健康増進及び社会教育の推進に寄与する。
投稿日
2011年8月25日

2002年のこと、橿原市にはサッカーチームが小学生10チーム、中学生4チームがあり、高校生、社会人を加えると30団体を超えていました。その年にFIFAワールドカップ日韓共催出場のチュニジアナショナルチームのキャンプ地が橿原市に選択され※、橿原市のサッカーに対する情熱が広く世間に周知できたものと感じた一方で、少子化や子どもたちのスポーツ離れという問題も浮き彫りになりました。これを機に、各団体で活動している指導者達で今後の橿原市について意見交換を行いました。

その結果、地域スポーツの発展には、する人(選手)、応援する人(保護者や地域の人)、支える人(指導者)が一体となる必要があること、団体の基盤が充実する必要があること、このような結論に至りました。そこで、白橿FC,畝傍FC,橿原FCの3団体がともに法人化と総合型スポーツクラブ運営のために一致団結し、2004年にNPO法人ポルベニルカシハラスポーツクラブ(ポルベニルはスペイン語で「未来」の意味)の設立に至りました。

※これを記念して毎年チュニジアカップを開催しています。

活動内容

各地でのスポーツ指導
各地でのスポーツ指導

主な活動内容は次のように橿原市内各施設に指導スタッフが出向いて、ポルベニルカシハラスポーツクラブの思いを行動に現しています。法人化前から、所属する各団体で中心的な活動をしていた指導スタッフが、経験と実績を積み上げた成果です。

ポルベニルカシハラスポーツクラブの活動概要一覧表
種目名称対象場所頻度
サッカートップ社会人県内各地試合中心
サッカーシニア社会人橿原市・県内毎週日曜日
サッカージュニアユース中学生橿原市営農広場週4回
サッカージュニアアドバンス向上心のある小学3年生以上橿原市学校施設ほか週4回
サッカージュニアスクール向上心のある小学3年生以上橿原市学校施設ほか月6回
サッカープライマリー幼稚園児橿原市営農広場月2回
サッカーサッカー教室幼稚園児橿原市公共施設月4回
フットサルジュニア小学生橿原市学校施設月6回
陸上クラブジュニア小学生公共施設ほか月4回
バスケットボールジュニア小学生学校施設月4回

これら定着した活動の他、平成23年度には、橿原市内の2つの総合型地域スポーツクラブの香久山総合スポーツクラブ、橿原健康スポーツクラブとイベント(第1回ジョイントガーラを6月26日に開催)を共催したり、陸上クラブによる奈良マラソンへの参加と協力を計画しています。

活動種目も増加し、会員数が増え、奈良産業大学(情報学部)との連携が進む等、目標に沿って活動が広がる一方で、ボランティアスタッフを補充しなければなりません。この為にも、橿原市の広報誌「広報かしはら」を活用してイベント情報を発信している他、現状の会員向けホームページをリニューアルして一般の人にも団体の活動の目的やその活動内容、成果を知ってもらうように考えています。

 私達が目指すもの

平成23年度時点、350名の会員がいます。会費、補助金、委託費を運営資金として事業の拡充を進めています。さらには、新たな事業(NPO中間支援事業、子どもの体力向上のための事業)の周知と活動資金の安定確保を目指して、地域に根付いた活動をさらに展開するとともに、トップアスリートをスタッフに加え、より高度な指導体制を確立していきます。

当法人はスポーツクラブの活動のほかに、総合型スポーツクラブ支援やNPO法人化支援など地域のスポーツ文化振興にも寄与し、スポーツを楽しむ(する・見る・支える)環境を創造し、スポーツを通して、健全な身体、地域の絆をともに創りたいと考えています。

地域の人々がスポーツを楽しむためには、安定したスポーツクラブの運営が不可欠です。そのためにも、NPO法人化は有効な手段の一つですから積極的に設立を目指して下さい。その際、何かお困りのことがあれば、遠慮無く当法人へお問い合わせ下さい。

ページの先頭へ戻る